身長伸ばす方法 高校生

   


新聞でも絶賛の子供成長サプリ【カラダアルファ(α)】

 

この記事では高校生が身長伸ばす方法についてまとめています。

高校生の時期は身長を伸ばすには最後のチャンスと言われていますが、どうすれば身長を伸ばすことができるのでしょうか。

身長は遺伝で決まる?

身長は遺伝によってきまってしまうのかといいますとそうとは言い切れません。

遺伝によって身長に影響があるのは全体のせいぜい20~25%程度で、そのほかは食事や睡眠、運動等で身長は決まるといわれています。

 

実際に兄弟や姉妹でも身長には差があるケースがほとんどですよね。

もしも遺伝で身長が決まるのであれば、兄弟や姉妹で身長が同じになるべきです。

 

そのため、たとえご両親の身長が低い場合でも諦める必要はまったくないんです

高校生男子女子はいつまで身長が伸びる?

しかしながらやはりいつまで身長が伸びるかという指標は残念ながらあります。

男子と女子で一番身長が伸びるといわれているのは、以下の時期です。

男子:中学生~高校生頃まで(17から18歳まで)

女子:小学校高学年~中学生頃まで(15から16歳まで)

上記の時期までは骨端線といわれる柔らかい骨がまだあり、この部分が伸びることで身長のも伸びていきます。

ちなみにこの骨端線は大人になると固くなりもはや伸びません。

 

ということは高校生の女の子はもう身長が伸びないのかというとそういう訳ではありません。

上記はあくまで平均的な指標で男子で25歳ぐらいまで、女子で22歳ぐらいまで骨端線が残っている子もいます。

実際にお子さんに聞いてみると、周りの女の子でも身長がまだ伸びている子がいるはずです。

 

あとはできることをすべてやってみて、身長が伸びるか様子を見ることになります。

高校生の男子女子が身長伸ばす3つの方法

ここでは高校生が身長を伸ばす3つの方法について書いてみます。

栄養

まずは身長の伸ばすのに必要な基本の5大栄養素です。

これらをきちんと毎日の食事で摂る必要があります。

 

・タンパク質

骨の主成分でもあるたんぱく質ですが、カルシウムがタンパク質(コラーゲン)にまとわりついて骨になります。

主な食材:

牛、豚、鶏、マグロやカツオなどの魚、卵、豆、乳製品

 

・ビタミン

タンパク質を吸収してコラーゲンを生成する役割があります。

主な食材:

ビタミン  → しいたけ、しめじ、かつお、さんま、ブリ

 

・カルシウム+マグネシウム

骨のもとになる成分、カルシウム。マグネシウムがないと身体に吸収されない。

主な食材:

カルシウム → 乳製品、海産物、豆類、ゴマ

マグネシウム → 落花生、カツオ、ほうれん草、アーモンド

 

さてこれだけの栄養素をバランスよく毎日の献立に含めるのははっきり言って面倒です。

そこまでやると一流アスリートの栄養士さんのようになってしまいますし、私たちにもそんな時間ないですよね?

 

我が家では栄養補助として子供用のサプリメントを導入するようにしました。

身長を伸ばすのに必要なありとあらゆる栄養素を手軽に摂取できるので、大分助かっています♪

 ▼新聞で話題の子供成長サプリメントはこちら▼

カラダアルファ(α)
 

運動

運動をすることで成長ホルモンの分泌を促し、骨端線の生成を促進するといわれています。

また運動をすることで一番メリットがあるのが、お子さんが熟睡することです。

夜遅くまで夜更かししている高校生の男の子や女の子は、身体が疲れていないのでなかなか寝付けない子もいます。

昼間適度な運動をすることで熟睡しやすくなるので、おすすめです。

 

運動が苦手な子は軽いストレッチや食後の30分程度の散歩などでもいいので、とにかく続けられるものを選ぶことをおすすめします。

睡眠

人の成長ホルモンは睡眠中に大量に分泌されます。

とくに寝始めてから3時間以内が一番分泌されるといわれているので、このタイミングで熟睡していることが重要です。

小学生で一日10時間、中学生~高校生で一日8時間は睡眠をとることが理想です。

高校生が伸長を伸ばすのにすべきではない4つのこと

過剰なダイエット

高校生にありがちな過剰なダイエットは身長を伸ばすのに必要な栄養素が不足します。

せっかく伸びるはずであった身長が伸びないのは一生の後悔になるので、ある程度までにしてあげるようにお子さんと話してみてください。

ダイエットは大学生になってからでも間に合いますが、身長は今だけしか伸びません。

過剰なカロリー摂取

反対にカロリー摂取が多すぎても問題です。

太ることで成長ホルモンの分泌が減少することが分かっています。

よく子供のころは太っていると身長が大きかったのに、成長期になると身長が伸び悩む子がいると思いますが、肥満が起因しているといわれています。

過剰な筋トレ

高校生にもなると自分の容姿もとても気になってくる年頃です。

筋トレはやればやるほど効果が出てくるのでついついはまってしまう子がいますが、過剰な筋トレは骨や関節を損傷し身長が伸び悩む原因となります。

また筋肉が付きすぎると骨の成長を抑制してしまいます。

睡眠不足

夜中までLINEやFacebookなどのSNSにはまっている子やゲームなどをしている子も多いですが、止めてください。

睡眠時間は身長を伸ばすにはとても重要です。

寝る一時間前にはテレビやスマホを見させないようにして、できればお風呂に入って出たらそのまま寝てもらう習慣をつけさせましょう。

※お風呂から出た後は体が冷えて眠りやすくなります(雪山で眠くなる原理)

身長を気にしすぎる

身長が低いことを気にしすぎる必要はありません。

悩みすぎることでストレスになり、それが身長の正常な育成を妨げます。

今はできることをやればよく、悩むのはとてももったいないことだということを諭してあげてくくださいね。

高校生が身長を伸ばすストレッチの方法は?

高校生が身長を伸ばす方法で気を付けるべきは姿勢です。

朝9時~4時頃までほとんどの時間椅子に座っていることになりますが、このような姿勢になっていないでしょうか。

猫背などの姿勢のゆがみはこれだけで身長を数センチ低くさせます。

また実際の見た目はそれ以上にさらに低く見えます。

猫背をただすには以下のようなストレッチをさせてみてください。

▼胸の筋肉をほぐすストレッチの方法


姿勢を正すだけで身長が伸びますし、この姿勢は一生ものなのでぜひ高校生の時から教えてあげてくださいね。

 - 身長伸ばす方法 高校生 , ,