身長伸ばす方法

小学生や中学生の男子女子が身長を伸ばす方法を書いています。

身長伸ばす方法 小学生

   

 

小学生の男子や女子が身長を伸ばす簡単な方法はあるのでしょうか。

 

小学生の場合、低学年から高学年の6年間で最大30㎝程度身長が伸びる子がいますが、平均的には20~25㎝と言われてします。

 

ただこの数値はあくまで「平均」なので、この細切な成長期の過ごし方によっては20㎝伸びない子がいるのも事実です。

 

ではどうすれば身長を簡単に伸ばすことができるのでしょうか。

 

小学生の身長は遺伝で決まる?

小学生の身長は遺伝子で決まるといわれていますが、一部これは真実のようです。

最近の研究で身長と遺伝が関係していることまでは分かっているそうで、以下のような公式で大体のお子さんの身長が予測できると言われています。

 

<男子>
男の子の場合 =(お父さんの身長 + お母さんの身長 + 13) ÷ 2 + 2

<女子>
女の子の場合 =(お父さんの身長 + お母さんの身長 - 13) ÷ 2 + 2

ただし必ずしもこの公式がだれにでも当てはまるということではありません。

例えば兄弟や姉妹でも身長に差があるのは普通ですよね。

つまり遺伝や上記の公式だけでは決定しないほかの要因があるということになります。

 

それが栄養や運動、そして睡眠といわれています。

小学生の身長を伸ばす3大要素

小学生の低学年も高学年も身長を伸ばすのには以下の3つのポイントが必要になります。

・栄養

・運動

・睡眠

この中でも栄養が一番重要になるのですが、それ以外の運動や睡眠についても無意味ではなく、何かしら小学生の伸長を伸ばすことに影響を与えています。

なぜ栄養が一番重要?

栄養で特に重要なのはたんぱく質です。

戦後日本人の平均身長は男女共に10センチ程度伸びたのですが、実は平均的な運動量と睡眠時間は戦後減少してきています

 

ではどうして戦後右肩上がりに身長が伸びてきたのでしょうか。

運動と睡眠以外で子供の身長を伸ばすのに大きな影響を与えているものといえば「食生活」以外に考えられないと思います。

 

食生活が西洋化して、特にタンパク質などの摂取が大きくなったことが要因として挙げられるということです。

ところがこれらのたんぱく質などの栄養素を毎日の食事でバランスよく摂れているかというと、難しいところです。

アスリートは毎日の栄養バランスを考えてくれる栄養士さんなどで組まれたチームがいますが、お子さんの食事も同じように毎日考えるのはよほど余裕がないとできません。

 

そのため最近では栄養補助としてのサプリメントがあります。

サプリメントで本当に身長が伸びるのかは分かっていませんが、少なくともできるだけのことをしておくというスタンスで小さなお子さんのいるご家庭は購入しています。

 

食生活が子供の身長を伸ばす主な要因となっていることが分かった今、試してみる価値はありそうですね。

▼今新聞で話題の子供成長サプリはこちら▼

新聞でも絶賛の子供成長サプリ【カラダアルファ(α)】
 

サプリって本当に効果あるの?

本当に小学生の身長を伸ばすのに効果があるのかは不明です。

ただ日本小児内分泌学会がサプリメントについて以下のように発表しているのは興味深いです。

「カルシウム、鉄、ビタミンDを含んだサプリメント」については、これらの栄養素が不足していることで身長が伸び悩んでいるならば補充することで成長が正常化する可能性がある。

身長を伸ばすのに必要なカルシウムや鉄、ビタミンDが不足している場合、サプリメントである程度は補える可能性があるという内容だと思います。

不足している栄養素を補うことで成長を正常化できるという面ではサプリメントは意味がありそうです。

 

逆に普段しっかりと栄養バランスのとれている食事をお子さんに食べさせているのであれば、サプリメントは不要ということになりますね。

 

あくまで足りない栄養を補助をするという意味でサプリメントが人気になってきています。

運動

先ほど運動よりも栄養のほうが小学生の身長を伸ばすには重要と書きましたが、運動をしなくてもいいということではありません。

 

子供の身長を伸ばすにはできるだけ可能性のあることをやっておく、というポイントが重要です。

 

では運動をするとどのような効果が期待できるのでしょうか。

 

成長ホルモンの分泌

運動をすることで筋肉が刺激されますが、筋肉が刺激されることで成長ホルモンの分泌に繋がります。

成長ホルモンが分泌されればもちろん身長を伸ばすのにプラスの効果をもたらしてくれます。

食欲増進

また運動が重要な理由として、運動をしてエネルギーを消費すると食欲が増進されます。

これによって身長を伸ばすのに必要な栄養素が足されます。

 

また運動によって身体が疲れるので熟睡にも繋がりますよね。

つまり運動をすることで身長を伸ばすのに必要な食事と睡眠にも好影響を与えられます。

 

簡単なストレッチでもいい?

運動があまり得意ではないお子さんがいらっしゃいましたら、ストレッチなどの簡単な運動でも積極的に行うといいです。

身体の筋肉を刺激することで成長ホルモンが分泌されます。

 

体操の時間にやっている最初の柔軟体操レベルでもいいので、ご飯を食べる前などにやらせあげてください。

どうしても続かない場合は15分程度のお散歩でもいいので、やる気を出す方法を見つけてあげてくださいね。

 

 - 身長伸ばす方法 小学生 , ,