身長伸ばす方法

小学生や中学生の男子女子が身長を伸ばす方法を書いています。

身長伸ばす方法で脚は?※子供編※

   

[身長を伸ばす] ブログ村キーワード

子供の身長は伸ばしたい。

でも胴ばかり長くなってもなので、脚を長くしてできればモデルさんのような体形にしてあげたいな・・・

 

子供の人生において身長や脚が長いほうがやっぱりいろいろと得なことは多いですよね^^

きっとスポーツの面でも有利になりますし、自信がついて好きな子にも積極的にアプローチできるようになるかもしれません。

 

特に脚が長いと平均的に足が短い日本人の中ではとても目立ちますし、色々なメリットがあると思います^^

 

 

でも子供の脚を長くする方法ってどうすればいいのでしょうか・・・?

 

管理人も自分自身身長が低く、また脚も短いのでずっと学生時代からコンプレックスでした。

子供には同じ思いをさせたくないと思って、私が小さいころからやっていてよくなかったと思われる習慣をできるだけさせないようにしました。

その4つの習慣をご紹介します^^

 

正座をしない

管理人が小さいときに住んでいた家は古く、リビングは和室でした。

そのため家にいる時間のほとんどを正座やあぐらですごしていましたが、特にご飯を食べるときは正座をするのがルールでした。

 

今思うとこの正座が脚の長さにあまり良い影響を与えなかったのではと思います。

時々正座をしていると膝がしらがすごく痛いこともありましたし、友達で家にいるときは椅子に座っているという子は私と身長は似ているのに足が長いので、見た目が私よりも高く見えました。

 

実際正座は膝で血行を止めることになってしまいよくないらしく、またあまりに長時間の正座は骨端線を損傷させてしまうこともあるそうです。

脚を組み過ぎない

 

子供の時、と言っても中学生や高校生になると大人っぽく脚を組んだりします。

これによって脚の骨格が変形しO脚やX脚の原因となることがあるそうです。

私は早く大人になりたいという憧れから中学校2年にもなると妙に大人ぶることにハマっていました。

そのため椅子に座るときは、足をしょっちゅう組んで座っていましたね。

 

私の脚はややX脚気味ですが、この足を組むという行為が何かしらの影響を与えていたのかもしれません。

若いうちから高いヒールを履かない

大人ぶろうとしていた管理人(笑)はヒールにも早めに手を出してしまいました。

しかも中学生にはまだ高いヒールだったので、これも足の骨格の育成に影響を与えたと思います。

結果としてX脚になってしまっていろいろと接骨院などで治してもらおうとしましたが、完全に治ることはありませんでした。

姿勢を正す

中学生や高校生のころ、クラスの授業で椅子に座っているときは脚を組んでいることもあれば、猫背になっていることもありました。

この姿勢はその後大人になっても治らず低い身長が余計に低く見える結果に(^^;)

足は組まないで背筋を伸ばして座るように子供のうちにならないと、おそらく一生その崩れた姿勢のまま生きていくことになってしまいます。

しっかりと脚が伸びるように組むなどて余計な圧力を成長期の膝や筋肉、骨格に加えないようにしたいですね^^

 

これら4点に関して、自分の小6の娘や中2の息子には口酸っぱく言っています。

幸い今のところ身長は平均よりも高く、以下の通りです。

中2の息子:身長167.3㎝

小6の娘:身長152.8㎝

脚の長さも胴に対してバランスが悪くないので、まぁ私の実験はとりあえずは成功かなと(;^ω^)

実際何が影響しているのかいまいちわかりませんが、少なくともこの記事で紹介したことは少しだけ気を付けてみるといいかもしれませんね☆

 - 身長伸ばす方法 子供 , ,