身長伸ばす方法

小学生や中学生の男子女子が身長を伸ばす方法を書いています。

身長伸ばす方法で高校生男子は?

   

男子高校生が身長を伸ばす方法としてはどのようなものがあるのでしょうか。

 

息子さんのお友達でも中学生の時はそこまで大きくなかったのに、高校生になって久しぶりに会うとすごく身長が伸びている子もいますよね。

 

男子の成長期のピークは中学生~高校生と言われており、高校生になって急激に伸びる子もいます。

 

ではそんな子たちはどのような生活を送っているのでしょうか。

 

男子高校生の平均身長は?

具体的な身長を伸ばす方法の前に、男子高校生の平均身長を見てみましょう。

以下情報は厚生労働省の数値を引用しています。

年齢 平均身長(2013~2015年) どのぐらい伸びた?
12 151.9
13 159.2 7.3cm
14 164.1 4.9cm
15 167.3 3.2cm
16 169.1 1.8cm
17 171.0 1.9cm
18 171.3 0.2cm
19 172.3 1.0cm
20 172.2 -0.1cm

ちょっと衝撃的かもしれないのですが、16~18歳の高校生の時期には伸びても2センチ弱しか伸びていないんです。

つまり多くの男子高校生は中学生の時に成長期のピークを迎えており、高校生ではじわじわと伸びているだけで大きな成長はしていません

世間的には男子は高校生でも身長が伸びると言われていますが、実際はこの表の通りなんです。

 

では高校生で身長を伸ばすことはすでに手遅れなのかと言いますと、そうではありません。

上記の表はあくまで平均身長の数値になり、男子高校生の中には高校の間で10㎝伸びる子も実際にはいます。

また男性は25歳ぐらいまで身長が伸び続けるケースもあると言われています。

 

 

これらはお父さんとお母さんの遺伝による影響もあります。

遺伝はどこまで背が伸びるのに影響している?

背が伸びる要因として遺伝子が一つあります。

ですが遺伝子そのものの影響力は実は全体の25パーセント程度しかないとも言われているんです。

 

この証明はとても簡単で、息子さんのお友達や他のご家庭を見ていても兄弟で身長が違うのはよくあることです。

もしも遺伝子が影響要因として大きいのであれば、兄弟でも似通った身長になってくるはずですよね。

 

では遺伝子以外で身長を伸ばす要因となっているのは何なのでしょうか。

実はこの答えはまだはっきりと科学的に証明はされておらず、「わからない」というのが現状です。

しかしながら「これではないか」と思われているものがいくつかあって、高校生以降も身長が伸びている男子のご家庭はその方法を無意識でしているケースが見受けられます。

 

具体的に見ていきましょう。

男子高校生が身長を伸ばす食事

男子高校生の身長が伸びているご家庭の食事は品数が多いと言われています。

丼ぶりものの一品だけではなく、副菜やスープなども作って二品、三品などできるだけ食材を増やして背が伸びるのに必要なたんぱく質やカルシウム(+マグネシウム)、そしてビタミンDなどのビタミン系の栄養素を補っています。

ジュニアスポーツで活躍しているご家庭では特に厳しく食事の献立などを熱心に考えているお母さんが多い印象です。

 

ですがこれを実際に毎日やろうと思うと難しく、時にはお惣菜を買ってきたり手抜き料理になってしまうこともありますよね。

またお子さんが帰りに道にファーストフードやコンビニで何かを食べてきてしまって、晩御飯を作っても食べてくれないこともあると思います。

 

そんな時にお勧めなのは子供の成長を助けるサプリメントで、背を伸ばすのに必要な栄養素がギュッと詰まっています。

これを毎日飲み続けることで、栄養が偏っている日でもきちんと背を伸ばすのに必要な栄養を摂取させることができます。

 

スムージーや牛乳で溶かすタイプもいいですが毎日は面倒なので、タブレットタイプになっているのが簡単でおすすめですよ♪

▼タブレットタイプの子供の成長サプリメント公式サイトはこちら▼

男子高校生が身長を伸ばす運動

運動はやはり背を伸ばすには大切な要素になります。

しっかりとサッカーや野球、水泳、バスケットボールやバレーボールなどの運動に打ち込むことで成長ホルモンの分泌を促すことができます。

 

また運動による好循環として、食欲がわき、また夜にしっかりと熟睡ができるようになることです。

食欲がわくことで栄養をしっかりと補給できますし、また睡眠の質が上がるとそれだけ成長ホルモンが増えます。

 

運動が苦手な子もいると思いますが、やはり運動は身長を伸ばすのにはとても大切な要因の一つになるので、簡単な散歩やストレッチもいいのでさせてあげてください。

ただ無理強いはストレスになって逆によくないので、続けられそうな範囲で十分です。

 

またお子さんがスポーツに熱心なあまりに身長が伸びにくくなることもあります。

高校生はまだ成長期で身体ができあがっていないので、必要以上に運動をさせてはいけません。

休憩をこまめに挟むことで筋肉や骨の損傷を防ぐことができますし、また運動で消費したエネルギーを食事でしっかり補給してあげることで正常な発育を維持できます。

男子高校生が身長を伸ばす睡眠

男子高校生が身長を伸ばすために重要な最後の要素は睡眠です。

睡眠中は一日の中で一番成長ホルモンがでますが、この類の話になると夜の10時~翌日2時のゴールデンタイムを想像される方もいらっしゃるとおもいます。

実は最近はこのゴールデンタイムには異論があり、成長ホルモンが最も分泌されるのは眠り始めてからの3時間で、この時間にいかに睡眠の質を上げるかが大切といわれています。

 

そのため先ほどの運動やストレッチなどをすることで身体が疲労するので、夜しっかりと眠れるようになります。

また寝る前にいつまでもスマホを触っていたり、テレビでドラマを見ているなどはやめさせてあげてください。

少なくとも8時間は睡眠が必要になるので、朝6:30起きであれば夜10:30には布団に入っているようにさせてあげてくださいね。

 

 - 身長伸ばす方法 高校生 , , ,